HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

こんにちは、MingJiaです。

久しぶりに車を乗り替えました(´◉◞౪◟◉)パチパチパチ♪

6年と6ヶ月、家族を安全に色々な所へ連れて行ってくれた車は、

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)2.4L G AERO HDD NAVI Special Package

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

そして今回、新しく迎え入れられた車は、

HONDA(ホンダ)新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)2.0L HYBRID ABSOLUTE EX Honda SENSING

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

新型オデッセイが発売されたのは、2013年11月。

それから4年後の2017年11月にマイナーチェンジがあって、営業のY下さんや、ネットの口コミでも良くなったと評価が高い新型オデッセイ。

購入するまでに悩んだポイントと、実際に購入して感じた事を記事にしたいと思います。

オデッセイの事が気になるけど購入に踏みとどまっている方(特にエリシオンオーナー)に是非読んでもらいたい(´◉◞౪◟◉)デス♪

エリシオン所有者から見たオデッセイ(マイナーチェンジ前)の印象

私が今まで購入した車の全てを挙げていくと記事の内容から大きく脱線してしまうので、今回はミニバンだけに絞ります。(7人乗りSUVも除外)

  1. フォルクスワーゲンTOURAN(トゥーラン)GLI 2.0FSI
  2. エリシオンPRESTIGE(プレステージ) 3.5L SG HDD NAVI Special Package 4WD
  3. エリシオン 2.4L G AERO HDD NAVI Special Package

1~3の順に乗り継いできましたが、これらの車を購入する際に、正直背の低いオデッセイは購入候補対象外でした。

しかし、エリシオンがカタログ落ちし、オデッセイ初のスライドドアという事で、発売してすぐ(マイナーチェンジ前)に一度試乗させてもらってます。

試乗と言っても当時は買い替えるつもりもなかったので、営業のY下さんに運転してもらって2列目のシートに座っただけの感想ですが、

  • 乗り心地がゴツゴツしている為、折角座り心地の良い2列目のシートの魅力が半減している。

もう、この一言に尽きます。

他にも勝手な印象ですが、

  • 「ホンダの最上級ミニバン=エリシオン」
  • 3列目のシートが残念
  • 荷物が積めない

こういった思い込みが、エリシオンを手放せない理由となっていました。

エリシオン2.4Lの不満点

エリシオンは3.5Lから2.4Lへとパワーダウンさせた理由は、

  • 税金が高い
  • 子供が小さいのでフル乗車でも問題ないだろう
  • 子供が汚しまくる

です(´◉◞౪◟◉)ワカルヨネ?

税金が安くなったのは変わらないメリットです。

しかし子供達も大きくなって(自分と嫁さんの体重が増えたのは内緒)明らかにパワー不足を感じるようになりました。特にスタート時と坂道

食べ物をこぼすというのは大分と減ったので、そろそろ豪華な内装でも良いんじゃないかなと思い始めていました。

また、タイヤを19インチにし、TEIN(テイン)の車高調を入れていましたが、コーナー時の踏ん張りがセダン車に比べて弱いと、ハンドルの遊びが大きいのも気になっていました。

乗り換えを検討し、本気で新型オデッセイ(マイナーチェンジ後)を評価してみた

まずはエンジンから

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

オレンジ色の箇所は、ハイブリッド関係の配線との事ですが、ボンネットを開けた時に「オォッ」となりますね♪

新型オデッセイ購入前に、2.4Lのガソリン車にするか2.0Lのハイブリッド車にするか悩みました。

本当はガソリン車も試乗したかったのですが、試乗車がないという事で営業のY下さんの体験談となりますが、

  • 出だしはハイブリッド車の方が良い
  • スピードが出だしたらガソリン車の方が気持ち良い

出だしはハイブリッド車の方が良いらしいですが、ぐぐっと踏み込んだ時にモーター音がやかましいとの事。

同じ ABSOLUTE EX で比べてみると、

ハイブリッド車(2.0L)

車両重量(kg)1,890

最高出力(kW[PS]/rpm)107[145]/6,200 +モーター 135[184]/5,000-6,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)175[17.8]/4,000 +モーター 315[32.1]/0-2,000

ガソリン車(2.4L)

車両重量(kg)1,810

最高出力(kW[PS]/rpm)140[190]/6,400

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)237[24.2]/4,000

(´◉◞౪◟◉)ナルホドネ~

スペックだけ見ると、2.4Lのガソリン車の方が、2.0Lのハイブリッド車よりも80kgも軽くて軽快そうですね♪

しかもガソリン車(ABSOLUTEのみ)は、パドルシフトが付いています!

ハイブリッド車のABSOLUTEにもパドルシフト付けてくれたら良かったのにな~(´◉◞౪◟◉)ザンネン

参考までに私が乗っていたエリシオンのスペックも見ておきましょう♪

エリシオン 2.4L G AERO HDD NAVI Special Package

車両重量(kg)1,830

最高出力(kW[PS]/rpm)118[160]/5,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)218[22.2]/4,500

エリシオンPRESTIGE(プレステージ) 3.5L SG HDD NAVI Special Package 4WD

車両重量(kg)2,020

最高出力(kW[PS]/rpm)205[279]/6,200

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)343[35.0]/5,000

スペックだけ見たら、オデッセイ2.4Lガソリン車はエリシオン2.4Lよりも軽く、馬力もトルクも上がっていますね♪

オデッセイ2.0Lハイブリッド車とエリシオンプレステージ3.5Lを比較してみると、210kgも軽いんですね!

営業のY下さん曰く、2.0Lハイブリッド車は3リッタークラスのパワー感があるとの事ですが、まんざらではなさそうですね♪

オデッセイ2.0Lハイブリッド車に試乗した感想

2.4Lガソリン車の試乗車がないのが残念でしたが、2.0Lハイブリッド車に乗ってみた感想は、

スタート時の押し出し感は、エリシオン2.4Lとは比較にならない位のパワーでした♪

3.5Lプレステージを手放して時間が大分経過しているので、はっきりとした記憶ではありませんが、パワーはあるけど重いという印象が残っています。

しかしオデッセイ2.0Lハイブリッド車は、軽くて押し出し感が強いという印象です♪

但し、その軽快なパワー感はあくまでスタート時と中間加速までで、高速域はエリシオン2.4Lと大して変わらない印象でした。

プレステージ3.5Lとの比較となると、有利なのはスタート時の加速感のみで、中間加速から高速域は圧倒的にプレステージ3.5Lの方が上です。

あと、確かにググっと踏み込んだ時のモーター音はやかましく感じましたが、スピードがのってきてアクセルを戻してやると気になりませんし、何よりも近未来の車に乗っているんだと思い込めば、モーター音も気にならないかと思います♪

という事で、試乗前は「2.0Lハイブリッド車のパワーは魅力的だけど、パドルシフトが付いていないのと値段が高い」のがネックでしたが、試乗後はハイブリッド車一択となりました♪

続いて足回りです

エリシオン2.4Lは、前述の通りタイヤを19インチにし、TEIN(テイン)の車高調を入れていましたが、ハンドルの遊びが大きいのと、コーナーの踏ん張りがセダン車に比べると落ちてしまうというのが不満点でしたが、新型オデッセイ・アブソルートはどうでしょうか?

実際に試乗し現在も乗っての感想はと言いますと、タイヤはノーマルの17インチですが、不満点だったハンドルの遊びも少なくコーナーの踏ん張りもセダン車並みでした♪

ただし!(´◉◞౪◟◉)チュウイ!

「ハンドルが重い!」

力のない女性が毎日乗るとなると、文句を言われるかもしれませんね。。

アウディやメルセデスベンツのような軽い感じではなく、どちらかというとBMWの感じに近いかなと感じました。

6年ほど BMW E90 2.0L M-sport に乗っていましたが、その重さに似ています。

奥様メインで考えている方は、必ず奥様にも実際に試乗してもらった方が良いかもしれませんね♪

続いては乗り心地です

エリシオンオーナーの方は、恐らく新型オデッセイの3列目のシートの造りが気になっているかと思います。

エリシオン3列目の座面の厚みに注目してください。

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

この厚みと乗り心地を知っているだけに、新型オデッセイの3列目シートの造りにはがっかりしますよね。。

しかも真ん中のアームレストを倒すと、エリシオンはこんな感じですよね。

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

アームレストに肘を置くと何の違和感も感じませんが、オデッセイはシートの厚みが無い分、アームレストも薄いんですよね。。

ところが試乗してみてビックリ(´◉◞౪◟◉)!?

新型オデッセイのマイナーチェンジ前に指摘があった、「乗り心地の悪さ」が改善され、エリシオンよりも乗り心地が良くなっていました♪

(※但し私の場合は、タイヤを19インチにし、TEIN(テイン)の車高調を入れていたので、その状態での比較となります。)

ですので、エリシオンよりもシートの厚みは薄いですが、乗り心地の改善が3列目の快適性を保っていると言えば伝わりますでしょうか♪

但し、真ん中のアームレストの低さはマイナスポイントですね。

後にオートバックスで「アームレストかさ上げ」を購入し取り付けました♪

2本のゴムで固定するので、下の写真のようにアームレストを起こした状態でも落ちないので便利ですよ♪

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

荷室の広さはどうか?

当初私は、荷室はエリシオンの方が広いという勝手なイメージを持っていました。

というのも、エリシオンは3列目がスライドするからです。新型オデッセイは3列目はスライドしません。

3列目を人が座れる限界まで前にスライドしてやれば、荷室勝負はエリシオンが勝つかと思いますが、3列目を一番後ろにスライドさせた場合はどうなるでしょうか?

ここで、前述したシートの厚みシートの造りが勝負の明暗を分ける事となります。

エリシオンの荷室はこのようになっています。

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

シートの下に足が付いている構造となっている為に、座面とフロアの隙間がほとんど無いのが分かりますでしょうか?

オデッセイの荷室を見てみましょう。

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

オデッセイは3列目シートが床下に格納出来る構造となっている為に、エリシオンに付いていた足が無いのが分かりますでしょうか?

その為、シート座面とフロアの間に結構な隙間があります。

実際に荷物を入れてみましょう♪

機内持ち込み可の最大サイズのスーツケース(RIMOWAリモワ社製、ACEエース社製)を入れて比較してみました。

まずはエリシオンから

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

続いて新型オデッセイ

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

上の2枚の写真だけを比べると「一緒やん」となりますが、新型オデッセイは下のような入れ方も出来ちゃうんですね♪

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

前述の通り、エリシオンは座面とフロアの隙間が少ないために、オデッセイのような入れ方は出来ません。

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 28mm f1.4E ED

新型オデッセイの方が、荷室の入れ方を工夫する事によって沢山荷物が入りそうですね♪

もちろん、エリシオンも3列目シートを前にスライドしてやれば、上のような入れ方は出来ます!

あくまで3列目シートを一番後ろにスライドさせた状態での対決となります。

まとめ

エリシオン2.4Lに不満を感じつつも、新型オデッセイに乗り換えるのを躊躇していた私でしたが、マイナーチェンジ後に真剣にチェックした結果、「2.0L HYBRID ABSOLUTE EX Honda SENSING」は買って良かったと思います♪

「あ~~もっとパワーが欲しいなぁ、でも全席快適に座れて荷物が積める車ってホンダには無いよな~」

と思ってる方!是非一度、新型オデッセイを試乗してみて下さい♪

HONDA(ホンダ)ELYSION(エリシオン)から新型ODYSSEY-HYBRID(オデッセイハイブリッド)に乗り換えた理由

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f1.4G

新型オデッセイ・アブソルートが我が家にやって来てから早速日帰り旅行に出かけました♪

最後までお読みいただきありがとうございました♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください