スノーボードの寿命は?10数年振りに物置から出してみた結果

スノーボードの寿命は?10数年振りに物置から出してみた結果

こんにちは、MingJiaです。

今シーズンで子供達全員、ある程度スキーが出来るようになりました。

となると自分もスキーだけでなく、スノーボードもやりたくなったので、若い頃に使っていたスノーボードの板を10数年振りに物置から出してきました。

スノーボードショップでメンテナンスに出した状態で保管していたので多分大丈夫だろうと思っていました。ケースから出してみて見ると、メンテナンスの日付が2004年2月と記載されていました。という事は、最後にメンテナンスに出してから14年も経っているじゃないですか。。感覚的には5,6年しか経っていないのですが、改めて自分が歳をとったんだと再認識できましたよ。。。

気を取り直してスノーボードの状態を見てみると、エッジも錆びておらず、ひび割れしている所もなかったので、早速ロウを削って滑る準備をしていきました。

スノーボードブーツは十分に乾かせてなかったのか、カビが表面に沢山生えていました。。でも表面だけだったのでブラシで擦ってやるとすぐに取れました。が、確か足に合っていなくて痛かったので買い替えないといけないなと思ったのを思い出しました。ビンディングが折りたたまれていたので、それを元に戻そうとベルトを外そうとした瞬間。。

スノーボードの板の寿命は?10数年振りに物置から出してみた結果

あ。。。

全然力も入れてないのに少し動かしただけで、ポロリという表現が正しいのでしょうか、音も出ずに割れてしまいました。

スノーボードの板の寿命は?10数年振りに物置から出してみた結果

滑りに行く前に分かって良かったです。これが滑っている最中に起こってしまったらと思うと、ぞっとしますね。

一般的にスノーボードの寿命と言われているのが、年数ではなくて回数なんですね。しかし、スノーボードを楽しむのに必要なものは、板とビンディングとブーツですよね。それぞれ使われている素材が違います。板に関しては木が多用されているので、ひび割れやエッジの状態、そして使用回数。ビンディングとブーツに関してはプラスチックやゴムが多用されているので、経過年数で判断すると良いかと思います。値段をケチった結果、大怪我をしてそれ以上のお金がかかってしまうのは馬鹿らしいですからね。

今回の場合、板の状態は悪くなかったのですが、あくまで見た目の判断ですので、これを機会に新しいスノーボードセットを買おうと思います。最近のブーツは紐を結ばなくても、ダイヤルを回すだけで締まり具合を調整出来るタイプも販売されているので、楽チンですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください